共生の世の中へ ヴォイスヒーリング・ボイスレッスン

オープンハートで歌う ちょっぴり怖い

心を全開にして歌を歌うのは、怖いし、恥ずかしい。

ボイスヒーリングの発声は、

力を抜いて、楽に声を出します。

でも、会場の隅々にまで、響き渡る声になるのです。

 

どうしてかというと、

声を自分の身体から離して、飛ばしているから。

自分の喉にくっついた声は、その場でしか響かない。

でも、自分の身体から離して、遠くへ飛ばした声は、

遠くの空間、お客さんの心、空間のそこらここらに散らばっている音の粒。

そんなものをすべて味方にして、みんなに手伝ってもらって、空間中が響き始める。共鳴し始める。

いろんなものが共鳴することによって、より豊かで、味わいのある声になるのは、いろいろが一緒になるから。

なんだか、私たちが目指す共生社会の法則と似ているな。

違うものの集まりこそが、広く深みのあるものを作り出す。

そして、それが叶うには、声を思い切って手離して、空間に委ねなければならない。

それは、とっても怖いこと。だって、自分の一部である声を手放すんだもの。それも、空間という何とも掴みにくいものに。

でも、まちがいなく、喉にくっついている声よりも、宙に放った声の方が、キラキラと輝いて、魅力的である。

信頼して手離すことにより、声はたくさんの力を借りて、より自分らしく生き生きと輝き始める。

何だか、子育てにも似ているな。

寂しいし、心配だし、怖いし、手元に置いておくのが一番安心なのだけど、

すべてを信頼し、思い切って手離すことにより、子供も、たくさんの人の力を借りて、よりキラキラと輝き始める。

木漏れ日も、夜空の星も、イルミネーションも、

すべて、ちょっと離れて見るから、より輝いて見えるんだよね。

14964089_1151016674986073_229133763_o

 

ボイスヒーリングレッスンのご案内

-共生の世の中へ, ヴォイスヒーリング・ボイスレッスン