絵本の思い出

絵本の思い出1

神様からのおくりもの

おんぎゃあ、おんぎゃあ、おんぎゃあ、で始まるこの絵本。

切り絵の可愛らしい赤ちゃんが並んでいて、

子供達のお気に入りの絵本の一つでした。

神様は、一人の赤ちゃんに一つずつおくりものをくださいます。

という話で、

よく泣く赤ちゃんは、歌の大好きな子に育ちました。

よく食べる赤ちゃんは、元気のいい子に育ちました。

など、一人一人のいいところを描いてあります。

 

この本を読むと、必ず、

ママ、私の贈り物は?って聞くんです、どの子も。

目をキラキラさせながら。

そうねえ、って一人ずついいところを言ってあげると

とってもとっても嬉しいそうな、満足そうな顔をするんです。

 

でも、時々、ある子のおくりものが思い浮かばないこともある。

ちょっと反抗期だったり、なんとなく心がすれ違っているな、と思う時、そんな時は思い浮かばないのです。

反抗期も、不思議と一緒に来ることはなくて、誰かがちょっと荒れていると、他の子は、おとなしくしていて、その子が落ち着くと、次は私よ!とばかりに反抗し始める。この繰り返し子だったなあ。

だから、時々、この絵本読んでは、ちゃんとみんなに心を向けているかな、って自分に問い直して、そして、もし、おくりものが思い浮かばなかった子がいたら、次の日からは、ちょっとだけその子をたくさん見てみよう、って思ったものでした。

クリスマスが近づいてきたから、思い出した絵本でした。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かみさまからのおくりもの [ 樋口通子 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/11/7時点)

 

13250535_1022365327851209_1822692418_n

ボイスヒーリングレッスンのご案内

-絵本の思い出