絵本の思い出

絵本の思い出2  「おつきさまこんばんは」

2016/11/15

おつきさま、こわい!

次女がまだ一歳か二歳の頃、おつきさまを見ると、怖がって、

ぎゅっと目をつぶって、おつきさまが見えないようにしていたのを思い出しました。

「よるになったよ。お空がくらいくらい、、、、、」

で始まる、この絵本。ちょっとおつきさまの顔が怖いかも。

「おつきさま、こんばんは」

というシーンでは、三歳の長女と二人で、いきなり立ち上がり、

こんばんは。って二人で揃って頭を下げていた。

今でも思い出す二人の姿。可愛かったなあ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おつきさまこんばんは [ 林明子 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/11/14時点)

 

 

 

夜の絵本の読み聞かせを始めたのは、長女が一歳と10ヶ月の時に、次女が生まれ、次女におっぱいをあげながらでも、長女と一緒にできることといえば、絵本だった。絵本持っておいで、というと喜んで持ってきた。何回も、何回も同じ本読まされて、もう飽きたよ〜と悲鳴をあげていたなあ。

特に、寝る前は、長女も眠たいから、おっぱいだからちょっと待ってね、は通じなくて、おっぱいを飲ませながら、絵本を読んで寝せていた。次女がおっぱいやめると、三人で寝転んで、絵本を読んだものだった。三人目が生まれると、もう、寝るとこなくて、私のお腹の上に仰向けになって、そして、右と左にお姉ちゃんたちが寝て、そうやって四人で毎晩絵本を読んでいた。

寝る前の読み聞かせは、10年は続いた。

絵本の読み聞かせは、親子の文化を作る、という言葉を聞いたことがあるけど、全くその通りで、

卵焼き見たら、「王様にあげなきゃ」とか、

押入れから、何か物音がしたような気がしたら、「ネズミ婆さんじゃない?」とか、お店で麺棒見たら、「ひげのサムエル喜ぶね」とか。(何の本だかわかりますか?)

親子にしかわからない会話。こういうのを親子の文化と呼ぶらしいです。(うろ覚えです。心に緑の種をまく、という本だったと思います。)

私たちだけの特別の秘密、みたいで親子のつながりも深くなります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心に緑の種をまく [ 渡辺茂男 ]
価格:1317円(税込、送料無料) (2016/11/14時点)

 

読み聞かせ、オススメです。

13250535_1022365327851209_1822692418_n

 

 

 

ボイスヒーリングレッスンのご案内

-絵本の思い出