不登校は、もはや、学齢期だけの問題ではない!

 多様な生き方のスタートなんです!

学校行きたくない!

子供がそういった時、どうしますか?

心から安心して、休んでいいよ、って言える人、少ないよね。

このまま行かなくなったら、どうしよう。

そうなったら、この子の未来はどうなるのか。

心配が次から次へと湧いてくることでしょう。

そして、何とか解決して学校に行くようにする。

学校の先生に聞いてみる。

子供の友達の親に様子を聞いてみる。

カウンセラーに相談する。などなど。

で、その結果、無事に学校に復帰できたら、これでOK。

何とか中学高校と、無事に通って欲しいな。

ハラハラしながら、学齢期を終える。

はい、めでたしめでたし。

ではないんです!!

学齢期ではなくなったから、不登校ではなくなっただけで、

中退、ニート、ひきこもり、

言葉が変わってやってくるだけなんです。

不登校って言葉も好きではないけど、

ニート、ひきこもり、って言葉も、なんて嫌な響きなんだろう。

どれも、問題ではないんです。

問題なのは、

こちらの見方。

不登校も、中退も、ニートも、ひきこもりも、

問題行動だととられがちな行動は、表面だけから見た価値観。

その行為の中で、子供達の心はどれだけ動いていることでしょうか。その過程の中で、どれだけ自分をみつめ表現しようとしていることでしょうか。

人間は、一人一人違っている。

当たり前のこと。

そして、

違っているからこそ、その良さがある。

そのことを懸命に実践しようとしているだけ。

だから、

本当に自分らしい人生を創るスタートなんだよ。

決まっている道を行くのは楽で安心。

でも、

そのレールから降りたところに自分の道へのスタートがある。

飛び降りるのには勇気がいる。

すごい行動力だよ。

新しい人生へのスタートだと思って祝福してほしいくらい。

スタート切れそうで切れないと、

何度も何度もトライするから、

結局、回り道になるのかもね。

だから、不登校、学齢期だけ乗り越えたらいいってもんじゃない。

そんなこと、みんなでお話できたらいいな。

歌とお話の会「学校に行かない選択、そして、行く選択」

11月30日10時から。

ふくふくプラザ音楽室にて。

学校に行かない選択、そして、行く選択 学校に行かない選択も、そして、行く選択も、どちらもあり。 大切なのは子どもの気持ち。 私自身...

15134385_1167263753361365_623751311_n

 
田中美佳のプロフィール
 
▼お申込み・お問合せはこちら
お申込はこちらをクリック 

Facebookページで日々お知らせをしています。
応援よろしくお願いいたします。

一般社団法人 Togatherland  Facebookページ

ココペリーナのFacebookページ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする