多様性が生み出すもの。多様性を生み出すもの。

多様性とは?

多様性とは、とりあえず何でも集まればいいのか。

多様な社会とは、

それぞれの多様性が生かされている社会。

多様性が生かされるためには、

それぞれが、しっかりと多様でなければならない。

つまり、

自分、というものがはっきりと確立していて、

そして、そのままの自分のことが大好きで、

そんな多様の集まりが、

それぞれを活かし合う社会の実現のためには必要なのです。

紅葉が

一枚一枚、色も違って、模様も違うのに、

集まったら、さらに素敵なものとなる。

一面に落ちている落ち葉の一枚一枚があって、

葉っぱの絨毯のような、あの景色が出来上がる。

14964089_1151016674986073_229133763_o

あー、多様な社会とは、

もちろん、障がいがあっても自分らしく生きていく社会。

だけど、障がいがないと言われていても、

自分らしさや、自分自身というものがちゃんと確立されていないと、実現しないのではないか。

どちらかというと、子供達の方が多様性持っているよね。

大人になるにつれて、生まれた時に持っていた自分という多様性をなくしていってしまうのかなあ。

思い出そう。

それが、望む社会への第一歩。

自分が自分らしさを思い出して、自由に心のままに自分を生きていくこと。

それが大事。

slooProImg_20161016230323.jpg

そんなことを教えてくれたのは、

おもちゃばこの子供達。

他の人が何を描いているのかな?とか、全く関係なし。

一心不乱に描いた、それぞれの素晴らしい作品が集まって、こんなに素敵な作品を仕上げたんです。

これは、一つ一つの絵が、多様だから、その子らしいから、出来上がった作品なのです。みんな同じ絵が集まったって面白くない。

14615651_1294995513867641_8962998142028287212_o

こんな絵も

14560186_1294995060534353_2940309814872557395_o

そして、こんな絵も

slooProImg_20161010131412.jpg

こんな絵も

slooProImg_20161010131406.jpg

どれも、この世に一つしかない素敵な絵。

この一つ一つが、多様性を生み出すもの。

そして、

集まったものが、多様性が生み出すもの。

最後に、一つ一つが個性を持つためには、

生まれ持った個性を、自分で知ることが大事。

そのためには、とにかく、いろんなこと体験すること!

slooProImg_20161105191221.jpg

slooProImg_20161013222209.jpg

 
田中美佳のプロフィール
 
▼お申込み・お問合せはこちら
お申込はこちらをクリック 

Facebookページで日々お知らせをしています。
応援よろしくお願いいたします。

一般社団法人 Togatherland  Facebookページ

ココペリーナのFacebookページ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント