未分類

休んでよかったねー、という思い出①

先日成人式を終えた次女との思い出。

お姉ちゃんが不登校でずっと家にいて、弟も幼稚園には行っていても、休みがち。

そんな中、毎日登校していた次女。
日々の学校を楽しみに、行きたくないと言ったことはありませんでしたが、一年生の頃、一度学校休みたいと言いました。

その日は、折しも、姉も、弟もそれぞれ学校と幼稚園に行った日。

やっと二人とも行った、とほっとしていたときのことでした。

特別理由もなさそうだし、せっかく二人とも行ったのに、という思いが一瞬頭をよぎりましたが、私の心が瞬時に、こう答えさせました。

「お休みして海に行こう!

もう次女は大喜び!
海についたら小雨が降り出し、結局車の中で海を見ながらお弁当を二人で食べて、もう幼稚園のお迎えなのに、すぐに帰らないといけなかったのですが、

次女はお弁当を食べながら

幸せだなあ、
幸せだなあ、

って言うのです。

その頃はアメリカ在住だったので、
I am happy
を直訳しての言葉だったのですが、

それだけに、次女の心が伝わってきて、

ああ、休んで海に行く、という決断をしてよかったなあ、と思ったのでした。

今でも、あの時は嬉しかったことを覚えていると言っています。

その後も、何度か、休んでいる姉と私がすることを自分もしたくて休みましたが、本人曰く、休んだ時に限って、学校も楽しいことが起こっていた、らしく、

そんな思いはなくなったようです。
その代わり、代休の日などに、次女との過ごす日を作っています。

不登校の悩みを聞いていると、
兄弟時が真似するようになるのではないか、という心配を聞くので、
思い出をかいてみました。

こんなことお話しします。

不登校のお茶会します。

Posted from するぷろ for iOS.

ボイスヒーリングレッスンのご案内

-未分類