勉強しなさいと言わないと、どうなるか。

前回、勉強しないと言わないと、勉強する子になるよ、と書きました。

いろんな意見いただきました。

勉強とは何ぞや。

学ぶとは何ぞや。

という事から考えた方がいいのかもしれません。

私の娘には、知的障がいがあります。

とにかく興味のあることしかしないから、

今の興味のあること、毎日毎日してました。

義務教育の間、ほとんど学校行ってないから、ほとんど教科書の内容してません。

ちなみに私、結婚するまでは小学校教師してました。

何度も家で教科書の内容教えようとしましたが、やはり、興味のあることしかしないのです。

余談だけど、ほとんど学校に行かない、を突き通す子って、実は芯が強いのです。

周りからの、いろんな圧力にめげず、意思を通す力は、強いのです。

だから、勉強も頑としてしませんでした。

根負けの私でしたが、娘の興味の向け方をずっと見ていて気づいたのです。

一旦興味をむけたらとことんなので長いのですが、
必ず興味の対象は変わります。

そして
長いスパンで見たら、
その興味の向く方向は、まんべんなく、
いろんな方向に変わっていき、
バランス取れてるのです。

そして、
その時のその子の必要なことのようにも思えるのです。

そんなこんなで中学二年生の時に
とてもいい先生と教室に出会い、
ひらがなや、足し算から習い始めることに、なりました。

自分から行くと決めたから一度も嫌がらないし、宿題は?と言ったこともありません。

今は、障害者の作業所に通う22歳なのですが、まだそのお教室に通っています。

受験するわけでもなく、何かの資格取るわけでもないのに、毎週毎週行き続け、宿題も毎日しているようです。

目的があるわけでもないのに、勉強し続けるのって、すごいと思うんです。

ただただ目の前のことが楽しいから
分かって楽しいからやっているのです。

ついこの前、先生が嬉しそうに言いました。
分数の割り算に入ったのですよ!
ずっと分数の足し算で止まってたから、このままかな、と思ってたけど、成長するのですねー!60歳とかまで続けたら、方程式とか難しいのも出来るようになるのかもしれないですね、って。

ほんとうに、人間は、限りなく可能性がある。

目的目標のためではなく、
勉強そのものが目的だから、
続けられるのです。

これはたまったプリント

始めるのは人より随分後だったけど、
もしかしたら、誰よりも長く学び続けるのかもしれません。

この写真。
今から晴れようとしているのか、
それとも、
今から影ようとしているのか。

撮った私も忘れたけど、
人は、これから晴れようとするのだと
信じています。

だから、
本人に任せたら大丈夫だということ。

 
田中美佳のプロフィール
 
▼お申込み・お問合せはこちら
お申込はこちらをクリック 

Facebookページで日々お知らせをしています。
応援よろしくお願いいたします。

一般社団法人 Togatherland  Facebookページ

ココペリーナのFacebookページ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする