共生の世の中へ ヴォイスヒーリング・ボイスレッスン おすすめのイベント・セミナー 未分類

ボイスヒーリングの響きが満ち溢れた!

ボイスヒーリングの響きコンサート〜自分に戻る日〜

無事に終了いたしました。
雨の降る中、たくさんの方々にご来場いただき、本当にありがとうございました。⬇️

 

このコンサートは私と、重田明子さんの二人が言い出しました。

「私は、自分の声が嫌いでした。」という言葉から始まった重田さんのトーク。

苦手だ、苦手だ、と思う気持ちの中から、それでも、自分を表現したいという魂の叫びが溢れ出て、ついに、この日、一人でアクロス円形ホールで歌う、ということが叶いました。

心を開き、解放し、歌うその姿に、会場は感動の涙に包まれました。

そして、言い出しっぺのもう一人、私。

私は、歌うことが大好きです。

でもでも、どうせそんなには上手じゃないし。私なんて。

そんな言い訳で、ずっとずっと歌いたい気持ちに蓋をしてきていました。

自分の好きを過ごそう。自分のために生きよう。心の喜ぶことをして日々を過ごそう。

そう決意し、過ごし始めて2年。私は、歌うことをしています。

「好きを過ごす」ことは、私にとって楽なことではありませんでした。

それは、今までしてきたことを、手放す、ことが必要だったからです。

人のために過ごすことが当たり前になっていた私が、断る、拒否する、そんなことをしなければならなかったからです。

でも、その苦しみさえ、今の喜びによって光をなっている気がします。

そして、それを教えてくれたのは、大塚れなさん。

れなさんの魂の癒しの学校、ボイスヒーリングクラスに入って、私の人生は一転しました。

時には、迷い、怯み、恐怖にすくむ私を、れなさんはいつもいつも見守ってくれました。

そして、何よりも、私は、れなさんの素晴らしい歌を聴くたびに心震え、いつまでもいつまでも、れなさんに歌を学び続けたいと思うのです。⬇️

今回のコンサートでは、たくさんの方々との出会いがありました。

temiさんは、一人一人の歌に、即興で絵を描いてくれました。

私の歌った「テルーの唄」涙が流れているのです。でも、その涙の奥には暖かな光の色が満ち溢れていました。流した涙の分だけ、心が癒され、私たちの心は光に包まれるのです。⬇️

ル・シェノン。の四人。

私のボイスヒーリングのグループセッションでたまたま一緒になったのだけど、三人の声の響きが不思議と、集まったその日から共鳴していたので、これも必然の出会いなんだろうなあ、とグループを組んでいます。この三人に私は、日頃から、とってもとっても支えられ、気づきをもらい、そして、癒されているのです。

なかなか会えないけど、レッスンとレッスンの間に、メッセンジャーのグループで語り合うやり取りが、時には深く、時には広く、時には優しく、時には、激しく、心を動かしてくれるのです。

私の日々に欠かせない仲間です。⬇️

今回、初挑戦のプログラム。

私の歌と、その歌からイメージする世界をお芝居で表現する、というもの。

歌いながらは後ろ姿しか見えなかったんだけど、こんなにも豊かな表情で表現していたのですね。

お互い、呼吸を感じあいながらの表現は、とってもとっても心地よかった。⬇️

そして、これも初の試み。(なぜか写真のサイズが違ってしまう。)

ボイスヒプノ。西琴美さんとのコラボ。

始まりは、1月のイルカを感じるボイスヒプノとフラワーエッセンスの会。フラワーエッセンスを体験した上でのボイスヒーリングの響きと声と空間の中で、ヒプノセラピーのワークショップを行うと、とっても豊かにイメージすることができるのです。

誰より自分たちが楽しくて、この会は三回続き、琴美さんの引越して一時お休みになっていました。月に一度のこの会がなくなって、私はちょっと琴美ロスに陥っていました。そして、

待ちに待った第4回がこのアクロスだったんです。

久しぶりに琴美さんの優しい声とクリアな誘導のおかげで、私は自分のハートをしっかりと感じることができましたよ。
19874039_1405580349529703_1781986094_n

そして、私の大切なココペリーナの仲間。

今回、私たちは手話歌に挑戦しました。

歌詞と、手話が完全に頭に入り、一致し、心に入り込まないと、手話歌はできません。

月に一度のレッスンとあとはそれぞれの日々の練習のみ。

手話は、聴覚障害者の方だけのものではなく、もっともっとユニバーサルなものだと思っています。

言葉に手話がつくと、もっともっと心の底から、その意味を理解することができるのです。

今回、この手話歌は、近藤美鈴先生に作っていただき、指導していただきました。

アクロスの円形ホールをボイスヒーリングの響きで満たす。

という私の野望。
それを叶えるために、短い時間でしたが、ボイスヒーリングの呼吸と発生のワークショプもプログラムに入れました。

会場の方も一緒にハミングした時、私は会場の約百人の人々の声が響き渡り、共鳴し、会場中に暖かな光が満ち溢れたのをステージから、感じました。こんな暖かな光が世界中に満ち溢れたら、きっとこの世の中は平和で優しいものになるのだろうと、未来に希望が生まれました。

また、いつも素敵なピアノを演奏してくださる木下順子さん(本番の日がお誕生日でした。)野口志保さん、志保さんには今回はハープも演奏していただきました。本当にありがとうございました。

舞台監督の後藤兼さん、素敵な照明を作ってくれた元春ゆかりさん、写真撮影だけでなく、現場を手伝ってくれた木寺博司さん、司会のあないゆきこさん、本当にありがとうございました。

ご来場の皆様、一緒にステージを作ってくれた皆さん、お手伝いしてくれた皆さん、応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。

 

Posted from するぷろ for iOS.

ボイスヒーリングレッスンのご案内

-共生の世の中へ, ヴォイスヒーリング・ボイスレッスン, おすすめのイベント・セミナー, 未分類