【協賛募集】アクセシビリティに挑戦!バリアフリーコンサート2022への想い。

今年も開催!Togatherlandバリアフリーコンサート

今年も昨年に引き続き、3回連続バリアフリーコンサート開催します!

2021年のバリアフリーコンサートの写真

昨年同様、私たちのバリアフリーコンサートの特徴は、会場もステージも、そして参加方法もバリアフリー。おまけに、運営企画スタッフもバリアフリーなんです。
そのままのあなたとそのままの私がお互いの凸凹を組み合わせながら無理なく参加できたらいいな、というのが基本の想いです。

「違い」の出会いの場として

そして、それぞれ違っているんだけど、中心にあるテーマは一つだけ同じ。
そのテーマをそれぞれの方法で表現する。そこは一緒。 テーマへの想いもイメージも、違っていて当たり前。 へー!そんな感じ方もあるんだね。そんなふうに思うんだね、って、
関わる方々にとって、このバリアフリーコンサートが「違い」の出会いの場であって欲しい。
そして、「違い」との出会いが「多様性」を生み出し、「私はこのままでいいんだね」と自分自身への愛に繋がっていくことと思います。

アクセシビリティーに挑戦!

また、今年は主にサポートスタッフの方々のお力をお借りして
《アクセシビリティー》にも挑戦していきます。

アクセシビリティーとは、
『障害者や高齢者を含む多くの人にとって、いろんな製品やサービス、システムが利用しやすいものになっているかどうか』

ということです。

私たちのコンサートが、さまざまな特性を持つ方々にも届きやすいものとなっているか、わかりやすいものとなっているか、一度に完璧にはできないけど、多様なサポートスタッフの方々に意見を聞きながら、出来る限りのことを積み重ねていきたいと思っています。

『工夫』として考えていること

今回は特に視覚障害の方にも、より味わい深いコンサートになるように、MCを工夫します。
より情景がイメージできるような言葉を添えることによって、視覚的な部分を補うことができたらいいな。そして、言葉を少し添えることによってわかりやすくなる人がいることを、会場の人が知って、みんなに優しいMCが普及したらいいな、って思っています。

ちょっとした工夫、ちょっとした心遣い、そして、誰にでもできること。
これが、社会に広がるには大事だと思っています。
私たちにできること、それは、みんなにもできること。特別じゃないよ。
そんな思いでトライします。

そしてもちろん会場は、音だけではなく、ライブアートの色、照明の色、そして、花生けのお花の香りなど、五感を通して味わっていただけるような場となっています。 みなさんがオリジナルに自分なりの味わい方で楽しんでいただけたらいいなあ、と思いながら作っていきます。どんな方も、心よりご参加をお待ちしています。

花いけとライブアートの写真

【今年のバリアフリーコンサートの予定】
1回目 6月26日(日)14:00~15:30  18:00~19:30 二回公演
「Peace 菩提樹のうた」場所:福岡市市民福祉プラザ・ふくふくプラザ(ふくふくホール)
2回目 9月24日(土)佐賀市文化交流プラザ交流センター(エスプラッツホール)
3回目 11月13日頃(未定)福岡市市民福祉プラザ・ふくふくプラザ(ふくふくホール)
 
 

協賛を募集します!

 
今年は、バリアフリーコンサートへの開催や想いに共感くださる方の協賛も募集もいたします。
個人様 一口5000円〜、企業様 一口50000円
なお、スポンサーになっていただいた方にはお礼をさせていただきますので
ご質問やご興味ある方は下記よりお問い合わせください。
是非ともご協力ください!どうぞよろしくお願いいたします。